1. HOME
  2. 売買物件検索/一覧

売買物件検索

物件タイプ
エリア
間取り
価格
築年

検索結果一覧

並べ替え: [間取り順( )] [価格順( )] [所在地順( )] [築年順( )]

外観 間取 価格
(管理費等)
所在地 交通 築年 おすすめポイント 詳細
800万円
山口市小郡尾崎町35番19
おおよそ高台にある、当該土地から見下ろす四十八瀬川のリバービュー(少しですが)とカントリーサイドの風景が心を癒してくれそうです。当該土地の魅力は、敷地面積113坪の広さと景色が素敵なところだと思います。個人的に勝手に想像したことですが、地形がおおよそ三角の形をしており、大ヒット映画”タイタニック”でのタイタニック号の船の先端を想像し、先端に立つと主演のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが演じた有名な名シーンを思い出してしまいました(笑)。建物の開口部やバルコニーなど大きめのものをカントリーサイドや四十八瀬川の方向に設置すると、素敵な景色とロマンチックなビューが楽しめるビューティフルプレイスとなるかも知れません。 記載内容につきまして、主観に基づく内容を記載している箇所もございますので、ご自身の目でお確かめ下さい。万一、記載内容が事実と異なる場合はご了承下さい。

詳細

1,156万円
山口市上竪小路及び天花一丁目
中世の時代、西国一の守護大名と言われた大内氏の大内文化が華開いた京の都を模した西の京、山口。大内文化最高傑作である国宝”瑠璃光寺五重塔”。現在も大内氏の伝統と文化が継承される過去と未来の大殿エリア。 江戸時代、毛利氏の歴代藩主が、参勤交代する際に往来した萩往還(御成道)とされた、前面道路。 江戸時代末期においては、大河ドラマ”花燃ゆ”の舞台となった長州藩の中枢機能、山口城(御屋形)やその奥御殿。その幕末期の長州藩藩主や毛利宗家が眠る香山公園。 蛍が舞う一の坂川と歴史を刻んだ古都、文字通り”大殿エリア”。2018年には、明治維新150年を迎え、維新の原動力の一つの場所となったロマンと歴史のある大殿エリアだと信じたいところです。 万一、記載の歴史等の内容につきまして、独自調査や参考までの記載のため事実と異なる場合はご了承下さい。

詳細

3,419万円
山口市小郡上郷
昨今、注目が集まる新山口としての1つの物流拠点。中国自動車道”小郡インターチェンジ”と国道9号線に接した立地条件。県内外へスムーズにアクセスできる流通機能の”小郡インター流通団地”が、この度値下げとなりました。 また、丘陵へ登る途中にあるためロケーションに恵まれ、雰囲気を大切にされる方は、この地に納得がいくかも知れません。すぐ近くには、ウェディングの建物であるロケーションに拘った、丘の上のリゾートハウス”アールベルアンジェ”さんがあり、その白を基調としたリゾートハウスが放つ夜のライティングも素敵です。また、時折、リゾートハウスの開放的な大きなチャペルの窓から、挙式の一部シーンを見ることができるかも知れません(確認はしておりません)。少し大げさかもしれませんが、そんな聖なる場所に近い場所と感じていただけたら幸いです。 参考アールベルアンジェ様HP http://www.bellclassic.co.jp/chugoku/yamaguchi/

詳細

3,847万円
山口市小郡上郷
昨今、注目が集まる新山口としての1つの物流拠点。中国自動車道”小郡インターチェンジ”と国道9号線に接した立地条件。県内外へスムーズにアクセスできる流通機能の”小郡インター流通団地”が、この度値下げとなりました。 また、丘陵へ登る途中にあるためロケーションに恵まれ、雰囲気を大切にされる方は、この地に納得がいくかも知れません。すぐ近くには、ウェディングの建物であるロケーションに拘った、丘の上のリゾートハウス”アールベルアンジェ”さんがあり、その白を基調としたリゾートハウスが放つ夜のライティングも素敵です。また、時折、リゾートハウスの開放的な大きなチャペルの窓から、挙式の一部シーンを見ることができるかも知れません(確認はしておりません)。少し大げさかもしれませんが、そんな聖なる場所に近い場所と感じていただけたら幸いです。 参考 アールベルアンジェ様HP http://www.bellclassic.co.jp/chugoku/yamaguchi/

詳細

14,000万円
山口市中尾660-1他

詳細

32,500万円
山口市小郡上郷
昨今、注目が集まる新山口としての1つの物流拠点。中国自動車道”小郡インターチェンジ”と国道9号線に接した立地条件。県内外へスムーズにアクセスできる流通機能の”小郡インター流通団地”が、この度値下げとなりました。

詳細

50,000万円
山口市小郡下郷(柏崎) 新山口駅まで徒歩12分
昨今、注目が集まる”駅が変わる、まちも変わる”でおなじみの”新山口駅ターミナルパーク整備の新山口エリア周辺の大型土地です。その新山口駅ターミナルパーク整備の一環として平成27年には、フランス人庭園デザイナー”パトリック・ブラン”氏による”垂直の庭”をテーマとした南北自由通路が完成し、歩行者による在来線口と新幹線口の行き来がより便利になりました。平成30年春には、新山口駅北口駅前広場が完成する予定となり、その後、隣接地Aゾーン等への整備が本格的に始まると思われます。 これからの”新山口駅ターミナルパーク整備”を軸とした、ゆっくりと生まれ変わりつつある新山口駅周辺の敷地として、共に社会貢献並びに地域貢献されることを願っております。 記載内容につきまして、主観に基づく内容を記載している箇所もございますので、ご自身の目でお確かめ下さい。万一、記載内容が事実と異なる場合はご了承下さい。

詳細